モードに前向きに【ファッションは誰でも楽しめる】-TORI PERIOD-

ファッションアドバイザーTORI PERIOD(トリピリオド)です。当ブログでは、モードファッションを軸に、スタイリングのポイントやオススメアイテムをご紹介してまいります。特に重きを置いているのが、身長160cm以下の小柄な方へ向けた提案です。「ファッションは誰でも楽しめる」ということをこの場所から発信していきます。ファッションを楽しみ、そして人生を前向きに歩んでいきましょう。~Produced by Tak_TORIKAI~

Under-160cmが必ず陥るファッションの壁

「小柄体型の人はジャストサイズで着こなすことがポイントです。」
「小柄体型の場合には丈感が短めのトップスを選びましょう。」

いまだに雑誌などにはこのような記述が見受けられます。
こういうこと書く人は、絶対に身長170cmくらいあります。

そもそも、丈感が短めのアイテムはコンパクトに着こなすことを前提に作っているので、通常のメンズ規格では165cm~くらいはないとSサイズを選んでも服に着られてしまいます。
元々がコンパクトなシルエットのアイテムは、原則サイズを上げてはいけません。

丈の短いトップスを選んで脚長に見せる技術は確かに正しいのですが、そもそもアイテムがない。
また、普通にスキニーパンツと合わせると体型を如実に強調してしまい、全然決まりません。

・コンパクトなシルエットのアイテムはどう見つける?
・ボトムスはどうすればいい?
・適正サイズの服じゃないとダメなの?

今回は、Under-160cmが必ず陥る上記の壁、疑問にお応えいたします。


Under-160cmが必ず陥るファッションの壁を解決!

コンパクトなシルエットのアイテムはどう見つける?

コンパクトなシルエットのアイテムの代表格といえば、『ライダースジャケット』と『Gジャン』でしょう。(あえてオーバーサイズで作られたアイテムもあります。)

f:id:TORIPERIOD:20180818140520j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/journalstandard/image.html?gid=25485880&did=46646434
ライダースジャケット


f:id:TORIPERIOD:20180818140754j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/levisstore/image.html?gid=5633428&did=16628368
Gジャン


あとは、テーラードジャケットも身体に合っていないサイズ感を選んでしまうとなかなかスタイリングが難しいです。

f:id:TORIPERIOD:20180818140957j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/beams/image.html?gid=32651903&did=57431774
テーラードジャケット


もう、これらのアイテムをカッコよく着こなすことは諦めるしかないと思ってしまう程に適正サイズが見つかりません。

で、本題なのですが、『ヴィンテージ古着』『レディース』『XS』でほぼほぼ解決できます。

順番に...

ヴィンテージ古着

古着のGジャンはサイズ感が豊富です。
Leeの古着とか、コンパクトなBOXシルエットで丈感が短いにもかかわらず、肩回りにストレスを感じないものが結構あります。

ヴィンテージ古着は着こなすのにその人自身の説得力が必要で、似合わない人は似合いません。
また、Gジャン以外のアイテムは大抵サイズが大きすぎて、小柄な人はあまり手を出さない(出せない)分野でしょう。

しかしながら、Gジャンだけは例外です。
1点ものなので具体的なアイテム紹介はできないのですが、一度古着屋を覗いてみると良品に巡り合えるかもしれません。

jamtrading.jp

通販でも品揃え豊富なショップもあります。
サイズを見つけ出すのが少々大変ですが、【古着屋JAM】なんかは良品豊富です。

レディース

あえてメンズライクなシルエットのレディースアイテムは意外とあります。

まず『ライダーズジャケット』ですが、リアルレザーのアイテムは着ているうちに多少の変形が期待できます。
丈感で合わせるとレディース故に肩周りが窮屈に感じますが、なんとかなるものです。

とはいっても「結構高いアイテムだし冒険はできないな...」と思われるでしょう。

これも解決可能です。

・ZARA
・ZOZOUSED

www.zara.com

まず、ZARA。

毎年冬に本革のライダースを2万円くらいで出します。
そして大概セールにかかり、半額くらいで購入できます。

ややパーツにちゃちさを感じますが、レザーの風合いはまあまあでだいぶお得です。


http://zozo.jp/zozoused/

ブランド古着のZOZOUSEDはカテゴリーや丈で絞り込み検索ができるので、掘り出し物が見つかる可能性が高いです。

『テーラードジャケット』も古着で良品が見つかります。
例えば、【コムデギャルソン】なんかはメンズライクなシルエットをしているので、レディースのXSやSでも窮屈な感じはさほどありません。

『Gジャン』に関しては、老舗を積極的に使うべきでしょう。
【リーバイス】や【Lee】などの歴史あるワークウェアブランドは専業ブランドに近いので、圧倒的なシルエットの豊富さを誇ります。
メンズライクなシルエットのGジャンももちろん作っていて、値段も1万円しないものが数多くあります。

www.levi.jp


XS

メンズのXS。
ブランドは限られますし大きめのXSを展開しているところもありますが、『ユニクロ』『GU』なら間違いないです。

UNIQLO|ユニクロ公式オンラインストア

GU(ジーユー)オンラインストアTOP|YOUR FREEDOM 自分を新しくする自由を。



本革のライダースはないですが、Gジャンとテーラードジャケットは及第点を超えるアイテムが買えます。
また、ユニクロにはセミオーダーのジャケットもあります。

www.uniqlo.com


あとは、先程と重複しますが、老舗ですね。
【リーバイス】や【Lee】などの歴史あるワークウェアブランドは専業ブランドに近いので、サイズ展開も一般的なブランドと比べ豊富です。
型によっては、XS~XLまで5サイズくらい作っているアイテムもあります。

ボトムスはどうすればいい?

丈感が短めのトップスを選んだところで、何も考えずにスキニーパンツと合わせてしまえばなんだか(外見の部分で)頭でっかちなルックスになってしまいます。
コンパクトでもワイドでもなんとかなるのがファッションです。
大切なのは『バランス』です。

コンパクトなトップス、丈感が短めのトップスを用いたコーディネートはこの2つで成立します。

ワイドパンツと合わせる

f:id:TORIPERIOD:20180818142526j:plain

「ワイドパンツは足が短く見えるから小柄な人とは相性が悪いです。」なんて書く人、中身の部分で頭でっかちです。

僕は身長が160cmありません。
でも、短足には見えませんよね?

ダボダボのボトムスはただ穿くと確かに短足に見えますが、コンパクトなトップスで上半身をすっきりとまとめ上げれば容易にスタイリングは成立します。

スキニーと合わせる場合には、長めの丈感のインナーorラウンドヘムのカットソーとレイヤード

f:id:TORIPERIOD:20180811135821j:plain


f:id:TORIPERIOD:20180818143745j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/mensbigi/image.html?gid=32290857&did=56306229


これ、初めから着丈の長いアイテムを選べばいいのでは?と疑問を持たれる方が結構いるのですが、コーディネートはアイテム数が増えることで視覚情報が増え個性につながります。

小柄な人は視覚情報不足になりやすい - TORI PERIOD +++小柄でも成立するメンズファッションの極意+++

レイヤードスタイルのメリットはそこにあります。


トップスの面性が増え体型カバー効果もバッチリ。
特にラウンドヘムのインナートップスは丈が長いにも関わらず腰部分はしっかりと見えるので、スキニーパンツとの組み合わせで極限まで脚長に見せてくれます。

f:id:TORIPERIOD:20180818144926j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/nanouniverse/image.html?gid=29283142&did=51970387


また、所謂『シャツ』であれば基本がラウンドカットなので、「少し大きいかな?」くらいのベーシックなシャツをスキニー&着丈の短めのジャケットと合わせると好相性です。

f:id:TORIPERIOD:20180818145836j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/wjk/image.html?gid=33740598&did=58296565


このスタイリングの利点は、ジャケットを脱いでも様になることです。
室内では脱ぐ可能性のあるジャケットやアウターは、それがなくともコーディネートが成立する工夫も必要となります。

適正サイズの服じゃないとダメなの?

結論から言えば、そんなことはありません。
繰り返しとなりますが、大切なのはバランスです。

ただ、元々がコンパクトだったりタイトなアイテムに関しては、適正サイズでの着こなしが必須となります。
身体のラインに沿うことを前提に作っているので、その中でサイズを上げてしまうと所謂「服に着られている感」が出てしまうのです。

丈感の短いトップスに関しても、サイズを上げると中途半端になってしまうことが多々ありますので、基本的にはか「サイズ大きいかな?」と思ったら購入しない方が無難でしょう。

それ以外であれば、まあ何とかなるものです。

2サイズUPのTシャツをスキニーパンツと合わせればバランスはとれます。
ユニクロの野暮ったいチノパンも、タックインして長めの羽織りを重ねればそれなりに見えるものです。


「小柄体型の人はジャストサイズで着こなすことがポイントです。」
「小柄体型の場合には丈感が短めのトップスを選びましょう。」

そんな戯言は無視して、superBIG-Tシャツを着こなしてやろうじゃないですか。

f:id:TORIPERIOD:20180818164524j:plain

ちょっとモードやストリートの要素が強いので、誰にでも勧められるスタイリングではないですが、世に出回っている小柄体型へのコーディネートアドバイスの未熟さはわかっていただけたかと思います。

===

以上でございます。

もう一度だけ言います。
コンパクトでもワイドでもなんとかなるのがファッションです。
大切なのは『バランス』です。

それでは、また次回。


TORI PERIOD


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

お問い合わせ
ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、以下フォームにご記入のうえ、お気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)


+─+─+─+─+─+─+─+─+

blog.toriperiod.net
+─+─+─+─+─+─+─+─+

【TORI PERIODパーソナルスタイリング】のお申し込みはこちら - TORI PERIOD +++小柄でも成立するメンズファッションの極意+++