モードに前向きに【ファッションは誰でも楽しめる】-TORI PERIOD-

ファッションアドバイザーTORI PERIOD(トリピリオド)です。当ブログでは、モード系を軸に、スタイリングのポイントやお勧めアイテムをご紹介してまいります。特に重きを置いているのが、身長160cm以下の小柄な方へ向けた提案です。「メンズファッションは誰でも楽しめる」ということを、この場所から日々発信していきます。ファッションを楽しみ、そして人生を前向きに歩んでいきましょう。~Produced by Tak_TORIKAI~

ローファーはテイストを問わない最強のレザーシューズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

📺TORI PERIOD 【FASHION CHANNEL】 - YouTube

✉ TORI PERIOD お問い合せフォーム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

足元にレザーシューズを取り入れるだけで、一気にこなれたスタイリングへと印象が変化することがあります。

一口にレザーシューズといっても、ビジネス短靴やブーツ、ボリュームのあるデザインまで、その幅は非常に広いです。
数多くのアイテムの中からその時々のコーディネートに最適な革靴を選ぶのは大いに悩みますし、第一、単価の高いアイテムですのでそんなに多くの数を所持することも厳しいでしょう。

そんな中で、テイストを問わないレザーシューズがあるとしたら朗報ではないでしょうか。

そうです、そんな悩みを解決してくれるのが『ローファー』なのです。

ローファーとは

端的にいえば、靴紐のないスリッポンタイプのレザー短靴です。

最もベーシックなのが、コインローファー(ペニーローファー)で、硬貨を差し込める切込みが特徴です。

f:id:TORIPERIOD:20180809202147j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/zozoviant/image.html?gid=19799934&did=38466015


今回取り上げるのは、このコインローファーです。

それでは、具体的な合わせ方についてです。

ローファーと好相性なボトムス

ワイドパンツ

素材問わず、ワイドパンツとは好相性です。

スマートでボリューム感のさほどないルックスは、想定以上の余計なクッションが生まれず、自然な足元に整えてくれます。

f:id:TORIPERIOD:20180809202931j:plain


クッションをつけたスラックス

レギュラーシルエットのスラックスにあえてクッションをつけてラフに着こなすスタイル。
これも、自然な落ち感を表現するためには、足元をスマートにまとめ上げる必要があります。

そんな時に一般的に広く用いられるのが、『VANS』などに代表されるスケートシューズです。

f:id:TORIPERIOD:20180809203621j:plain
出典:https://www.abc-mart.net/shop/g/g5818020001013/


f:id:TORIPERIOD:20180809203644j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/adametrope/image.html?gid=298787&did=48648987


ローファーは、シルエットもボリューム感もスケートシューズに非常に近いです。

スケートシューズを取り入れたスタイリングを鏡で合わせてどうもカジュアル過ぎる印象の時には、靴をローファーに変えてあげると完成度が上がる場合があります。

例外として、ジャストレングスの黒のスラックスに合わせるとちょっと学生感が出てしまうので、「あえて」でないのであれば避けた方が無難です。

アンクル丈スキニー

アンクル丈スキニーにローファーを取り入れるのも面白いです。

本来、あまりボリューム感のない靴をアンクル丈スキニーに合わせると全体のバランスを損ねます。
しかしながら、ローファー特有の品の良いスマートなシルエット&トラッドな雰囲気で、脚のラインに沿うスキニーパンツに自然と溶け込むのです。

f:id:TORIPERIOD:20180809205451j:plain


柄物のソックスを覗かせるのも良いでしょう。

f:id:TORIPERIOD:20180809204946j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/tabio/goods/2654216/?did=10353684&kid=13170&rid=800106366

こういったスタイリングはさりげなさが重要なので、案外、主張の強いボリュームシューズよりもローファーなどの方が向いているのです。


なお、あえてのソックス見せでない場合には、ベリーショートの『見えない靴下』を履くようにしましょう。

f:id:TORIPERIOD:20180809210611j:plain
出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/411509-65


===

以上でございます。
ローファーはオールシーズン使えるアイテムですので、まだお持ちでない方は是非1足手にしてみてはいかがでしょうか。

それでは、また次回。


TORI PERIOD


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

お問い合わせ
ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、以下フォームにご記入のうえ、お気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)


+─+─+─+─+─+─+─+─+

blog.toriperiod.net
+─+─+─+─+─+─+─+─+

【TORI PERIODパーソナルスタイリング】のお申し込みはこちら - TORI PERIOD +++小柄でも成立するメンズファッションの極意+++