TORI PERIOD +++小柄でも成立するメンズファッションの極意+++

ファッションアドバイザーTORI PERIOD-トリピリオド-です。当ブログでは、メンズファッションのスタイリングを行ううえで普遍的でベースとなるものを主に、皆様にご紹介してまいります。(特に、身長160cm以下の小柄な男性に向けた提案に重きをおいています。)ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、記事内下部よりお気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)~Produced by Tak_TORIKAI~

小柄な人は視覚情報不足になりやすい

TORI PERIOD お問い合せフォーム

視覚情報は面積が広がるほど増えます。
子柄で細身だと視覚情報は圧倒的に少なります。

ですので、身長180㎝のがっちり体型の人と、身長160㎝の細身の人が同じ無地のTシャツを着たのであれば、後者は情報不足となってしまいます。

そのため、オーバーサイズのコーディネートにしたり、柄物を取り入れる必要があるのです。

視覚情報を増やす

多少柄を増やしてもいいですし、靴も主張があって問題ありません。
(もちろんスタイリングによっては例外もあります。)

■スリッポン<紐靴

靴ですが、近年はすっきりとしたスリッポンが人気沸騰中ですね。

しかしながら、小柄な人にはあまりお勧めできません。
(繰り返しとなりますが、スタイリングによっては取り入れてOKです。)

f:id:TORIPERIOD:20180714170815j:plain
出典:www.abc-mart.net/shop/g/g4660910016014/


スリッポンは靴紐が無い分、情報量が減ります。
そのため、スキニーデニムやクッションをつけないスリムスラックスと合わせると、どうしても足元が寂しくなります。

(あまり多くは売られていませんが、タッセルやプリントが入っていたり、厚底のものであればこの点は解決できます。滅多に見かけませんが…。)

スタイリング面だけでなく、使い回しやすさや入手の手軽さを考えても、小柄体型の人には紐靴が適します。

■アンクル丈<クッションあり

下記の記事にも書きましたが、アンクル丈は決して万能ではありません。

blog.toriperiod.net

もちろんパンツの種類や着こなしにもよりますが、クッションをつけたほうが足元にボリュームが加わり視覚情報が増えます。

f:id:TORIPERIOD:20180714171816j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/zozoviant/image.html?gid=17028008&did=34813909


なんとなく、アンクル丈での裾上げやロールアップをしていませんか?

あえていつものスキニーパンツにクッションをつけてみるだけで、随分と印象が変わりますのでお試しください。

■無地シャツ<柄シャツ

実は小柄な人は大抵柄シャツが似合います。

これ、当たり前のことで、元々の視覚情報が少ないので、柄を加えても情報過多にならないんです。

特に、細かい柄ものは、面積が広くなる大柄の人はなかなか合わせられないので、個性を高めるという意味でも非常にオススメです。

黒スキニーやアンクルスラックスにベーシックな白シャツでカッコよく決まるのは、恵まれた体型、顔つきの人だけです。
小物やシルエットで相当工夫をしないと見劣り度が半端ないコーディネートです。

であれば、容易に差別化が図れる柄シャツの方が利便性が高いというわけですね。

別に派手な柄でなくとも、加工やボタンなどのディテールもデザインの一部ですので、どこかに個性が光るアイテムを見つけてみるといいでしょう。


f:id:TORIPERIOD:20180714171458j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/5351/image.html?gid=26323840&did=47792467
ワッシャー加工


f:id:TORIPERIOD:20180714171610j:plain
出典:http://zozo.jp/men-category/tops/shirt-blouse/?p_keyv=%8F%AC%89%D4%95%BF
小花柄

===

以上でございます。
雑誌やネットのファッション情報を参考にしてもどうも納得のいくスタイリングにたどり着かなかった理由は、小柄故の視覚情報不足が原因だったのかもしれません。

視覚情報は装いでいくらでも加えられますので、是非お試しください。


今回はここまで。
それでは、また次回。


TORI PERIOD

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

◇お問い合わせ

ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、以下フォームにご記入のうえ、お気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)

+─+─+─+─+─+─+─+─+
blog.toriperiod.net