TORI PERIOD +++小柄でも成立するメンズファッションの極意+++

ファッションアドバイザーTORI PERIOD-トリピリオド-です。当ブログでは、メンズファッションのスタイリングを行ううえで普遍的でベースとなるものを主に、皆様にご紹介してまいります。(特に、身長160cm以下の小柄な男性に向けた提案に重きをおいています。)ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、記事内下部よりお気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)~Produced by Tak_TORIKAI~

ダメージ加工は程よいアクセントに◎

TORI PERIOD お問い合せフォーム

早速ですが、ダメージ加工が施されたアイテムはお持ちでしょうか。

デニムパンツなどに多く見られる加工ですね。

f:id:TORIPERIOD:20180718202912j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/armaniexchange/image.html?gid=28884108&did=51392691


クラッシュ加工、ウォッシュ加工、ピグメント加工…など、加工にも色々な種類がありますが、今回は分かりやすく全て一緒くたに『ダメージ加工』と表現しますので、ご理解の上お読みください。

■ダメージ加工がもたらすメリット

・抜け感をプラス
ダメージ加工がもたらすメリットとして一番分かりやすいのが、抜け感でしょう。

同じGジャンであっても、

【1】
f:id:TORIPERIOD:20180718203519j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/estnation/image.html?gid=31060241&did=54474307


【2】
f:id:TORIPERIOD:20180718203207j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/donoban/image.html?gid=27454665&did=49228018


クリーンにまとまっている無難な【1】よりも、【2】の方が表情があり抜け感が加わっていますね。
(どっちが良い悪いということではありません。どちらにもメリットはあります。)

blog.toriperiod.net

■無地より存在感があり、柄物ほど派手ではない

このブログでは時たま柄物を薦めることがありますが、とはいっても抵抗がある人も多いでしょう。
シンプルな装いでどこか変化をつけたいときに最適なのがダメージ加工アイテムです。

きっちり存在感を放ちながら、派手な印象はありません。
スタイリングの主役に用いることもでき高バランスなデザイン=ダメージ加工です。

■モードやストリートテイストを印象付ける

モードやストリートテイストはガチでスタイリングしようとすると、なかなか高額になります。

で、印象だけであれば割と手軽に加えることができ、その代表格がダメージ加工の施されたアイテムです。

f:id:TORIPERIOD:20180718203930j:plain
出典:https://www.fashion-press.net/collections/gallery/31589/553347


上記のような気合の入ったのスタイリングにもダメージ加工は取り入れられます。

2〜3千円のスラックスにオーバーサイズのダメージ加工のGジャン(古着屋のでOKです)を羽織れば、もう雰囲気は抜かりがありません。


使い古したようなルックスに抵抗を覚える方もいるかと思います。
しかし、ダメージ加工のアイテムには多くのメリットがあります。

きっちり存在感を放ちながら、派手にならない使い勝手の良さが魅力です。
是非、お試しいただければと思います。

それでは、また次回。


TORI PERIOD

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

◇お問い合わせ

ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、以下フォームにご記入のうえ、お気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)

+─+─+─+─+─+─+─+─+
blog.toriperiod.net