モードに前向きに【ファッションは誰でも楽しめる】-TORI PERIOD-

ファッションアドバイザーTORI PERIOD(トリピリオド)です。当ブログでは、モード系を軸に、スタイリングのポイントやお勧めアイテムをご紹介してまいります。特に重きを置いているのが、身長160cm以下の小柄な方へ向けた提案です。「メンズファッションは誰でも楽しめる」ということを、この場所から日々発信していきます。ファッションを楽しみ、そして人生を前向きに歩んでいきましょう。~Produced by Tak_TORIKAI~

カットソーと合わせるシャツ【夏のTシャツは10月でも活躍する】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

📺TORI PERIOD 【FASHION CHANNEL】 - YouTube

✉ TORI PERIOD お問い合せフォーム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日中30度を超える日もなくなり、トップスも半袖→長袖への完全移行が間もなく完了するかと思います。

そうは言っても、厚手のジャケットを羽織るにはまだちょっと早い。

多くの人が、半袖カットソーの上に長袖シャツを合わせるコーディネートをすることになります。

シャツを1枚で着る方法もありますし、コットン素材の薄手のニットなどもこの時期には重宝します。

しかしながら、やはりTシャツの上にシャツを合わせるスタイリングが支持を得やすい。
なぜでしょうか。

夏服をそのまま利用できる手軽さと利便性が理由でしょう。

ただこれ、合わせ方を間違うと中学生みたいになっちゃいます。

シャツは本来インナーアイテム

まず始めに、シャツというのは本来インナーアイテムです。

一口にシャツと言っても当然様々な種類があるのですが、最もベーシックで基本となるのがドレスシャツです。

f:id:TORIPERIOD:20181002202144j:plain
https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/411923-00


元々はフォーマルスタイルの中に着るための肌着です。
世間一般でYシャツと呼ばれるもののことですね。

これをカジュアルスタイルに落とし込んだ結果、今では数え切れないほどのシャツが存在しています。

メンズカジュアルにおけるシャツとは

メンズカジュアルにおいて使いまわしやすく、かつ人気のあるシャツは、街着用に丈感を抑えたブロードシャツです。

f:id:TORIPERIOD:20181002202243j:plain
http://zozo.jp/shop/5351/goods/34562188/?did=59616956


僕も日常的に着用しますし、これ程テイスト問わず合わせやすいトップスというのもなかなかないです。

誤解がないように、今回はカットソーの上に羽織るスタイリングを前提とした内容です。

上にあげたブロードシャツはあくまでも一枚着用です。
ドレスシャツの要素が強く残っており、フロントを開けてアウターライクに羽織るためのアイテムではありません。

10月を彩る2大シャツ

カットソーの上に羽織るのに適したシャツとは、ジャケットが簡素化されたアイテムです。

今回取り上げるのは、デニムシャツ&ミリタリーシャツです。

デニムシャツ

Gジャン
f:id:TORIPERIOD:20181002202554j:plain
http://zozo.jp/shop/rrl/image.html?gid=21847661&did=41440381


カジュアルなジャケットの王道と言えばGジャンです。

Gジャン自体がとても使いまわしやすいアイテムですが、10月上旬の日中25度くらいまで気温の上がる時期ではまだ取り入れにくいです。


デニムシャツ
f:id:TORIPERIOD:20181002202940j:plain
http://zozo.jp/shop/zozograndh/image.html?gid=32419558&did=56522092

そんな万能アイテムGジャンを簡素化したのがデニムシャツです。
(厳密には異なりますが、ウエスタンシャツも広義な意味で含めてOKです。)

ワークテイストなポケットやムラ感のある風合いで、アウターのように羽織っても自然なコーディネートとなります。

f:id:TORIPERIOD:20181002203205j:plain
http://zozo.jp/shop/tokyodepartmentstore/goods-sale/33798544/?did=58377784

ミリタリーシャツ

ミリタリージャケット
f:id:TORIPERIOD:20181002203700j:plain
http://zozo.jp/shop/freaksstore/image.html?gid=34767024&did=59959724


男臭いアメカジから清潔感のあるブリティッシュスタイルまで、幅広く用いられるミリタリージャケット。

カジュアル色が強いながらもカーキ系の落ち着いた色合いが特徴のため、単体のイメージよりもシックな雰囲気となりやすいです。

しかしながら、ある程度気温が下がらないことには着られませんね。


ミリタリーシャツ
f:id:TORIPERIOD:20181002203826j:plain
http://zozo.jp/shop/urbanresearch/image.html?gid=13828547&did=30405312


見た目的にもだいぶ軽さが出ます。
さらりとした着心地ながら、ワーク調の大きなポケットがカジュアルなアクセントとなり、アウターライクに羽織ってもサマになります。

f:id:TORIPERIOD:20181002204017j:plain
http://zozo.jp/shop/nanouniverse/image.html?gid=34545924&did=59535711

★まとめ★

シャツを羽織りとして使う場合、ジャケットを簡素化したアイテムが◎。
ドレスシャツの要素が強いものは、インナーor一枚着として活用しましょう。

===

以上でございます。

シャツは本当に多くの種類があり、どんなテイストのスタイリングにも欠かすことができません。
それ故に、アイテムごとの特徴を正しくつかみ、最適な取り入れ方をすることが重要となります。

それでは、また次回。


TORI PERIOD


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

お問い合わせ
ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、以下フォームにご記入のうえ、お気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)


+─+─+─+─+─+─+─+─+

blog.toriperiod.net
+─+─+─+─+─+─+─+─+

【TORI PERIODパーソナルスタイリング】のお申し込みはこちら - モードに前向きに【ファッションは誰でも楽しめる】-TORI PERIOD-