モードに前向きに【ファッションは誰でも楽しめる】-TORI PERIOD-

ファッションアドバイザーTORI PERIOD(トリピリオド)です。当ブログでは、モードファッションを軸に、スタイリングのポイントやオススメアイテムをご紹介してまいります。特に重きを置いているのが、身長160cm以下の小柄な方へ向けた提案です。「ファッションは誰でも楽しめる」ということをこの場所から発信していきます。ファッションを楽しみ、そして人生を前向きに歩んでいきましょう。~Produced by Tak_TORIKAI~

夏でも黒が着たいあなたへ

『夏でも黒が着たいあなたへ』というタイトルにしましたが、かく言う僕も黒が大好きです。
夏でも黒色は欠かせません。

しかしながら、という色には重いイメージが付いて回ります。
そうすると、いわゆる季節感を感じさせることができず、たとえアイテムの組み合わせは悪くなくとも、サマーコーデとしてはいまいちな雰囲気になってしまうのです。

今回は夏に黒ベースのスタイリングをする際の工夫をご紹介いたします。

夏に黒ベースのスタイリングをする際の工夫

まず前提として、コーディネートのベースは『トップス(一番上にくるもの)+ボトムス』で決まります。
ですので、それ以外の部分に1点差し色として明るい色を取り入れればいいのです。

帽子に鮮やかな有彩色

色鮮やかなアイテムはスタイリングが難しいイメージがありますが、全身黒に差し色として加えるのであれば、話は変わってきます。
さわやかなカラーは夏らしさが溢れ、季節感の演出にはもってこいです。

f:id:TORIPERIOD:20180811140823j:plain

「夏に帽子は暑いよ!」と思われる方もいるかもしれませんが、つば付きのハットは日差しを防いでくれます。
また、コットン素材の薄手のニット帽であれば、吸汗性もあります。
是非、お試しください。

裾から白をチラ見せ

全身黒のスタイリングのインナーにやや丈の長い白のカットソーを入れ、ちらりと覗かせます。

f:id:TORIPERIOD:20180811135021j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/emmaclothes/goods/30968830/?did=54630372

反対色の白が加わることで明るいアクセントとなり、スタイリングに夏らしさをプラスします。

また、タイトで丈が短めのシャツに、ラウンドカットのタンクトップを差し色として加えると、本来スキニーパンツとは合わせにくいにもかかわらず丈感が増されるため全然違った印象となります。

f:id:TORIPERIOD:20180811135821j:plain


ラウンドカットはウエスト位置をごまかしつつ腰部分は見えるため、スキニーと組み合わせたときにやたらと脚長に見せてくれるのです。

真っ白の靴orド派手なスニーカー

最後は靴を差し色にするパターンです。
黒コーデに白スニーカーを取り入れる考え方は以前にもご紹介していますが、何よりも、コーディネートを難しく考える必要がないのがうれしいですね。

f:id:TORIPERIOD:20180811141801j:plain

黒Tシャツ+黒スラックス+白スニーカーで、季節感あるモードなスタイリングが容易に完成してしまいます。


また、「こんなのどういうシチュエーションで履くんだよ」と思うようなカラフルで派手めなスニーカーも、全身黒の装いとであればカジュアルになり過ぎることなくスタイリングができます。

f:id:TORIPERIOD:20180811142040j:plain
出典:https://item.rakuten.co.jp/rambleshoes/anr-pr-lrbvs/


裾からの白チラ見せと組み合わせるのもオススメです。

===

以上でございます。
夏に全身黒コーデを成功させる秘訣は、差し色の使い方です。

とりあえず、白スニーカーとラウンドカットカットソーがあれば、黒トップス+黒ボトムスの組み合わせは攻略できるでしょう。

それでは、また次回。


TORI PERIOD


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

お問い合わせ
ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、以下フォームにご記入のうえ、お気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)


+─+─+─+─+─+─+─+─+

blog.toriperiod.net
+─+─+─+─+─+─+─+─+

【TORI PERIODパーソナルスタイリング】のお申し込みはこちら - TORI PERIOD +++小柄でも成立するメンズファッションの極意+++