TORI PERIOD +++小柄でも成立するメンズファッションの極意+++

ファッションアドバイザーTORI PERIOD-トリピリオド-です。当ブログでは、メンズファッションのスタイリングを行ううえで普遍的でベースとなるものを主に、皆様にご紹介してまいります。(特に、身長160cm以下の小柄な男性に向けた提案に重きをおいています。)ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、記事内下部よりお気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)~Produced by Tak_TORIKAI~

ディテールに目を向けてみよう-シャツ編-

TORI PERIOD お問い合せフォーム

f:id:TORIPERIOD:20180713200611j:plain


この画像を見て何か気がつくことはありますか?
(しわが多いのは気にしないでください...w)

普通のシャツだと感じる人が大半ではないでしょうか。


それでは、2つの画像を見比べるとどうでしょう。

【1】
f:id:TORIPERIOD:20180713200611j:plain


【2】
f:id:TORIPERIOD:20180713200643j:plain


・前たてのデザイン
・ポケットの有無
・素材の違い

なんの変哲もない無地のシャツであっても、ディテールに目を向けるとそれぞれに随分と特徴があるものです。


前たてのデザイン

【1】→『プラケットフロント』
前端が表に折り返っています。
現在最も一般的で耐久性が高いのが特徴です。

【2】→『フレンチフロント』
前端が内側に折り返っています。
クラシカルですっきりとした印象です。

ポケットの有無

たかがポケットですが、ベーシックアイテム故にこれ一つの有無で随分と雰囲気が変わります。

インナー使いをするのであれば、本来はポケットは不要なんですね。

シャツの胸ポケットは元々は存在しませんでした。
ポケットが付くようになった経緯は諸説ありますが、機能性を重視して後付けされたものです。

ポケットがないメリットとしては、すっきりとした大人なスタイリングやモードなコーディネートに取り入れやすいことです。
また、大ぶりのアクセサリーとも好相性です。

f:id:TORIPERIOD:20180713195157j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/zozoviant/goods/6910695/?did=19163972


素材の違い

【1】→『ブロード』
ドレスシャツを代表する素材です。
滑らかな光沢感があります。

【2】→『オックスフォード』
耐久性、通気性に優れています。
やや厚地で粗い組織なのでカジュアルな雰囲気もあります。


ディテールを意識して合わせるアイテムを選ぶことで、より完成されたスタイリングが可能となります。

===

■ブロード生地でシンプルミニマムなデザイン

f:id:TORIPERIOD:20180713201302j:plain
出典:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409282-69#thumbnailSelect


情報量を極限まで減らし、この上なくシンプルなシャツ。
モードでスタイリッシュなコーディネートにはもちろん、柄物や発色の強いアイテムと合わせてバランスをとるスタイリングも可能です。

■オックスフォード生地でボタンダウンデザイン+ポケットあり

f:id:TORIPERIOD:20180713201527j:plain
出典:https://item.rakuten.co.jp/greenlabelrelaxing/k32634/


素材に良い意味でのガサつきがあるので、シャツながらややカジュアルな印象となります。
ディテールに目を向けると、ボタンダウンやステッチ使いなどで無地アイテムとしては豊富な情報量です。

黒単色のスリムパンツなどとの組み合わせでも地味になり過ぎず、また、キメ過ぎにもならず絶妙なバランスです。

■着丈長めのブロードシャツ

f:id:TORIPERIOD:20180713202235j:plain
出典:http://zozo.jp/shop/zozoviant/goods/8767432/?did=22479553


カジュアル用のシャツは一般的に若干着丈が短めに設定されていて、タックアウトでのコーディネートが可能です。

しかしながら、スーツ用でなくともタックイン前提で長めの丈感のアイテムは存在します。
これをタックアウトで着てしまうとだらしない印象になってしまいます。

そのため、ディテール(この場合丈感)に目を向け、どんなコーディネートを意識して作られたアイテムかをまず始めに頭に入れておく必要があります。

着方は限定されてしまいますが、カッチリした印象で一般的なカジュアルシャツでは出せない色気を醸し出します。
また、この手のシャツはタイトシルエットでストレッチ性があるので、とことんかっちりとまとめたモードなスタイリングが可能です。

**

以上、『ディテールに目を向けてみよう-シャツ編-』でした。

それでは、また次回。


TORI PERIOD

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

◇お問い合わせ

ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、以下フォームにご記入のうえ、お気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)

+─+─+─+─+─+─+─+─+
blog.toriperiod.net