TORI PERIOD +++小柄でも成立するメンズファッションの極意+++

ファッションアドバイザーTORI PERIOD-トリピリオド-です。当ブログでは、メンズファッションのスタイリングを行ううえで普遍的でベースとなるものを主に、皆様にご紹介してまいります。(特に、身長160cm以下の小柄な男性に向けた提案に重きをおいています。)ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、記事内下部よりお気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)~Produced by Tak_TORIKAI~

ファッションの"あえて"

TORI PERIOD お問い合せフォーム

ちょっとファッション哲学的なお話。

あえての80年代風」
あえてのオーバーサイズ」
あえてのシンプルデザイン」

…ファッションには「あえて」が頻繁に使われます。
「あえて」をつければ何でも成立してしまうのではないかというほどです。

普通やトレンドから外れた際に、それが「あえて」であるかを確認してみましょう。
特に理由もなく、ただ「なんとなく」の場合は妥協であり、あなたにとってイマイチな選択もしれません。

「あえて」を繰り返した先に新たな発見があり、人は経験値を重ねていきます。

言い換えれば、「あえて」であればひとまずは成立してしまうのがファッションです。
そして、「あえて」で試行錯誤を繰り返し追求し続けることでスタイリングの鮮度を保ち続けることができるのです。

なぜこのスタイリングにスニーカーを合わせたのか...?

f:id:TORIPERIOD:20180704220441j:plain

シャツ&スラックスでシックな組み合わせにしつつ、柄を取り入れカジュアルな要素もプラスしています。
しかしながら、ダークトーンよりで夏のコーディネートとしてはやや重たい印象があります。

そのため、”あえて”派手めなスニーカーで砕けた印象を添えているのです。

なぜこの装いではパンツをロールアップしているのだろうか...?

f:id:TORIPERIOD:20180704195855j:plain

オーバーサイズのトップスとのバランスをとるために、パンツは細いものをチョイスします。
あえてロールアップをすることで、さらに脚を細く見せることができます。
さらにメリハリを加えるために”あえて厚底シューズを取り入れ、スタイルアップも実現します。


要は、『あえて=コーデのポイント』と言い換えられます。

それがなくても問題はないけれども、しなくてもよいことをわざわざする
ファッションの根本にたどり着きます。

”あえて”の選択の集合体があなたのファッションです。
「なんとなく」ではなく「あえて」を意識してみましょう。

ファッションがより楽しくなる言葉、それが”あえて”です。


それでは、また次回。


TORI PERIOD

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

◇お問い合わせ

ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、以下フォームにご記入のうえ、お気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)

+─+─+─+─+─+─+─+─+
blog.toriperiod.net