TORI PERIOD +++小柄でも成立するメンズファッションの極意+++

ファッションアドバイザーTORI PERIOD-トリピリオド-です。当ブログでは、メンズファッションのスタイリングを行ううえで普遍的でベースとなるものを主に、皆様にご紹介してまいります。(特に、身長160cm以下の小柄な男性に向けた提案に重きをおいています。)ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、記事内下部よりお気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)~Produced by Tak_TORIKAI~

ネイビーとベージュで個性を演出するには

TORI PERIOD お問い合せフォーム

※今回の記事は、ファッション性の追求という観点からの解説です。ネイビーやベージュを普通に用いたコーディネートも、無難な日常着としては全く問題ございません。


ネイビー→アイビールック/優等生/黒の下位互換
ベージュ→高校生のカーディガン/女子大生のコート/オジサンカラー

僕の偏見も確実に入っていますが、上記のようなイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。

まあ、クリーンな印象はあるので、無難なスタイリングを組むことは容易なのですが、それ故に、ファッション性の追求が難しいカラーです。

その理由としては、色そのものの個性が弱いからです。(だからそこ、クリーンな印象があるのですが。)

そのため、『色・柄物』的な扱いをしないことがポイントとなります。

例えば、

黒のボトムスにベージュのアウターを組み合わせると、ベージュが際立ちます。

f:id:TORIPERIOD:20180701161921j:plain
出典:https://www.thefashionisto.com/wp-content/uploads/2014/03/The-Burberry-Heritage-Trench-Coat-The-Westminster-men-trench-coat-burberry-photos-003.jpg


しかしながら、ベージュの色自体の個性が弱いため、なんとも中途半端な印象となります。
(繰り返しとなりますが、ファッション性に乏しい印象になるだけで、コーディネートとしては問題ありません。)

ネイビーは黒に近い色味なので、そこまで気にしなくてもいいのですが、であれば、「黒のアウターを選択したほうがいいよね」ってことになるわけです。

で、ネイビー、及びベージュにつきまして、本題ですが、色物を際立たせる黒、かつ、他のカラーとは極力合わせないようにします。
(黒を一切取り入れないのは現実的ではないので、【極力】避ければOKです。)

色物としては扱わず、でも、コーディネートの中の色を増やさないという、厳しめの条件。

そのかわり、予め使える色が決まっているので、考えようによっては、コーデを組むのが楽になります。

具体的には、『ネイビー』『ベージュ』、無色である『白』、の3色で組めばいいわけです。

例を見ていただいたほうが早いと思いますので、下記ご参照ください。

◇上下ネイビー+インナーにベージュ+白スニーカー

f:id:TORIPERIOD:20180701132058j:plain

◇ネイビーのシャツ+デニム+白Tシャツ+ストール

f:id:TORIPERIOD:20180701132117j:plain

◇ベージュのトップス+ネイビーのスラックス+白シャツ+ネイビーのレザーシューズ

f:id:TORIPERIOD:20180701132139j:plain

★今回の要点★

〜ネイビーとベージュで個性を演出するには〜
色物を際立たせる黒、かつ、他のカラーとは極力合わせない。
色物としては扱わず、でも、コーディネートの中の色を増やさない。
=『ネイビー』『ベージュ』『白』の3色にて組み合わせる。

以上でございます。

是非、今後のコーディネートの参考にしてみてください。

それでは、また次回。


TORI PERIOD

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

◇お問い合わせ

ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、以下フォームにご記入のうえ、お気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)

+─+─+─+─+─+─+─+─+
blog.toriperiod.net