モードに前向きに【ファッションは誰でも楽しめる】-TORI PERIOD-

ファッションアドバイザーTORI PERIOD(トリピリオド)です。当ブログでは、モード系を軸に、スタイリングのポイントやお勧めアイテムをご紹介してまいります。特に重きを置いているのが、身長160cm以下の小柄な方へ向けた提案です。「メンズファッションは誰でも楽しめる」ということを、この場所から日々発信していきます。ファッションを楽しみ、そして人生を前向きに歩んでいきましょう。~Produced by Tak_TORIKAI~

オーバーサイズのトップスの取り入れ方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

📺TORI PERIOD 【FASHION CHANNEL】 - YouTube

✉ TORI PERIOD お問い合せフォーム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨今のビッグシルエットの流行。
タイト目なトップスは、以前にも増して見つけにくくなっています。

小柄だとオーバーサイズは難しいイメージがありますが、アイテムを選べば、そうでもないです。

であれば、頑張って通販や店舗でタイト目なトップスを探すよりも、端からオーバーサイズを取り入れてしまおうというわけです。

オーバーサイズのトップスが秘めた可能性

◇基本は、細身のボトムスを採用することが前提となります。

ニットを2〜3サイズアップ

これが一番簡単です。
その辺で入手できるニットも、着こなしでそれっぽくなるパターンですね。

細身のパンツにこれで、現状、冬のコーディネートは間違いありません。

ただ、もし苦手意識がある場合は、1〜2サイズアップに留めておきましょう。

とくに、中肉中背の方は、あまりビッグサイズにしてしまうと、元の体型の個性が弱いので、服に着られている感がでる場合があります。

こういったアイテムは、ちょっと体型が特殊な人の方が向いていたりするのです。

f:id:TORIPERIOD:20180628213636j:plain


また、ドロップショルダー(肩線が下がったデザイン)のニットであれば、ボリュームが下へ向かうので、ワイドパンツとも相性抜群です。

あくまでも流行に乗っかったスタイルなので、長くは着続けられませんが、旬のコーディネートということで、参考までに。

f:id:TORIPERIOD:20180628213702j:plain


パーカーを2サイズアップで着用

ニットよりはやや難しくなりますが、これもサイズを変えるだけで、ガラリとイメージが変わります。

ただ、中途半端に0.5サイズくらい上げてしまうと、サイズを間違えてる感がでます。

また、パーカーはスウェット生地のものが大半なので、部屋着感が生まれてしまうこともあります。

ポイントとしては
1. グレーの色を選ばない
2. パンツは必ずタイト目にし、色落ちがあるデザインは選ばない

この2点でしょう。
(もちろん、スウェットパンツと合わせるなんてのは論外です。完全に部屋着ですので…。)

f:id:TORIPERIOD:20180628213759j:plain


シャツを2サイズ以上アップで着用

一見だらしなくなりそうな感じもしますが、トレンドも手伝い、意外と大丈夫です。

これもポイントがありまして
1. 必ず2サイズ以上アップとする
 (1サイズアップですと、ただのサイズ間違いコーデになるリスクがあります)
2. 3サイズ以上アップで着用する際は、腕まくりを必須とする

2についてですが、さすがに3サイズも上げると、体型に全く合いません。
それが一番目立つのが、袖です。

クシュクシュと必要以上に布が溜まってしまい、だらしがないのです。

でもこれ、腕まくりをすれば簡単に解決します。

通常のシャツの腕まくりと同じく、2〜3回ほどまくるといいでしょう。

すると、手首くらいの長さになり、もう少しまくり上げたい気持ちにもなるでしょうが、せっかくオーバーサイズを選んでいるので、大きめを着ている要素を残すことをお薦めします。

f:id:TORIPERIOD:20180628213958j:plain

また、こちらもドロップショルダーであれば、ワイドパンツとの組み合わせでも活躍します。
(安価で良品はあまり売ってないですが…。たまにGUが出すので、タイミングが合えば、ブログでも紹介しようと思います。)


以上でございます。

それでは、また次回。


TORI PERIOD


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

お問い合わせ
ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、以下フォームにご記入のうえ、お気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)


+─+─+─+─+─+─+─+─+

blog.toriperiod.net
+─+─+─+─+─+─+─+─+

【TORI PERIODパーソナルスタイリング】のお申し込みはこちら - モードに前向きに【ファッションは誰でも楽しめる】-TORI PERIOD-