TORI PERIOD +++小柄でも成立するメンズファッションの極意+++

ファッションアドバイザーTORI PERIOD-トリピリオド-です。当ブログでは、メンズファッションのスタイリングを行ううえで普遍的でベースとなるものを主に、皆様にご紹介してまいります。(特に、身長160cm以下の小柄な男性に向けた提案に重きをおいています。)ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、記事内下部よりお気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)~Produced by Tak_TORIKAI~

コーディネートの中のメリハリ

TORI PERIOD お問い合せフォーム

Zipperが休刊になりましたね。

「Zipper」休刊を発表 24年の歴史に幕 - モデルプレス

着実に時代は変化していますね。

さて、今回は、コーディネートの中のメリハリについてです。
何度かブログの記事でメリハリの重要性を述べてきましたが、詳しく説明するのは、たしか初めてとなるはずです。(曖昧…)

それでは、早速解説といきましょう。


〜色 素材 サイズ〜 これらを散りばめ、視線誘導

■色
これが一番わかりやすいのではないでしょうか。
適度に色を散らすことで、メリハリを与えます。

こんな感じですね。

f:id:TORIPERIOD:20180628204555j:plain

f:id:TORIPERIOD:20180628204615j:plain

全身黒だと、物足りなさが否めないです。
そこで、色、柄シャツを挟んだり、白スニーカーを用いることで、いい塩梅で変化が生まれます。

かの有名な『STAN SMITH』が最も活躍するのは、こういったコーディネートでしょう。

f:id:TORIPERIOD:20180628204911j:plain

出典:https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=lB12VcWR&id=CE738A510438677C145CFAB94AD85AC18D2DF54E&thid=OIP.lB12VcWRALiEsH7oEOaT2AHaFS&mediaurl=https%3a%2f%2fwww.flightclub.com%2fmedia%2fcatalog%2fproduct%2f6%2f3%2f63611742979-adidas-stan-smith-w-ftwwht-ftwwht-green-201035_1.jpg&exph=3095&expw=4333&q=%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%82%b9&simid=608004729705138322&selectedIndex=0&ajaxhist=0:title


■素材
スウェットパンツ+スウェットパーカー=部屋着
スラックス+テーラードジャケット=ビジネスウェア

まあ、スラックス+テーラードジャケットを、上にあげた『STAN SMITH』などで崩したスタイルもあるので、一概には言えませんが、同素材で組み合わせると、日常着としては違和感が生じやすいです。

スウェットパンツ+テーラードジャケット
f:id:TORIPERIOD:20180628205004j:plain


スラックス+スウェットパーカー
f:id:TORIPERIOD:20180628205245j:plain


同色で組み合わせると場合には、このように素材に変化をつけることで、それがメリハリとなります。

バランスがとれて、靴も制限が少なくなるので、自然と難易度も下がります。


■サイズ
超重要です。

このブログでは、低身長の人に対するアドバイスが多々出てきます。
サイズには「太い」「細い」「長い」「短い」といった表現がありますが、これらを散りばめることで、体型を誤魔化すことが可能となります。

低身長を誤魔化す、また、活かすためには、徹底的に全身にメリハリをつける必要があります。

色のメリハリは、『ワンポイント』が基本であり、一定数に限られます。
(あくまでも、「基本は」です。)
素材も、アイテム依存なので、限界があります。

しかしながら、サイズに関しては、以下のように全身に散らすことができます。


f:id:TORIPERIOD:20180628205423j:plain

足元にボリュームがあり、スキニーで下半身は細め、シャツの着丈は長く、ブルゾンは着丈短めです。
足→太い
パンツ→細い
シャツ→長い
アウター→短い
と、なっております。


f:id:TORIPERIOD:20180628205334j:plain
足→細い
パンツ→太い
ニット→細い・短い
Gジャン→短い
パンツ以外は細く小さくすることで、メリハリを与え、ワイドパンツが主役となるコーディネートです。


f:id:TORIPERIOD:20180628205502j:plain
足→太い
足首→細い
パンツ→太い
ニット→細い・短い
ジャケット→ジャスト
同じくワイドパンツのスタイルですが、このように、上半身にジャストサイズのアイテムを着用する場合は、下半身によりメリハリを取り入れます。
靴はボリュームがあり、アンクル丈で足首の細い部分を見せ、またワイドパンツでボリュームがあり…といった具合ですね。


サイズのメリハリは、あくまでも体型を誤魔化すことが目的であり、それがファッション性につながっています。

全身ジャストサイズの装いも、色、もしくは素材で一箇所でもメリハリをつければ、十分素晴らしいコーディネートとなります。

ただ、低身長で平均身長の人同等にファッションを追求するのであれば、サイズのメリハリは絶対条件となります。

また、それ以上を求めるのであれば、複数の色とアイテム数でのメリハリが必要です。
(次回の記事とします。)

以上でございます。
また次回も、よろしくお願いいたします。


TORI PERIOD

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

◇お問い合わせ

ブログをお読みいだだき、不明な点やご質問などがございましたら、以下フォームにご記入のうえ、お気軽にお問い合わせください。(返信をお約束するものではございません。また、ブログなどで回答させていただく場合もあります。)

+─+─+─+─+─+─+─+─+
blog.toriperiod.net