モードに前向きに【ファッションは誰でも楽しめる】-TORI PERIOD-

ファッションアドバイザーTORI PERIOD(トリピリオド)です。当ブログでは、モードファッションを軸に、スタイリングのポイントやオススメアイテムをご紹介してまいります。特に重きを置いているのが、身長160cm以下の小柄な方へ向けた提案です。「ファッションは誰でも楽しめる」ということをこの場所から発信していきます。ファッションを楽しみ、そして人生を前向きに歩んでいきましょう。~Produced by Tak_TORIKAI~

【ブログセミナー】第5回 具体的なコーディネート提案 〜秋冬編〜

ブログセミナーも終盤に差し掛かりました。前回に引き続き、具体的なコーディネート提案、今回は秋冬編です。秋冬は、春夏よりも厚着になるため、必然的に使用アイテムが増えます。 よって、コーディネートの幅、楽しみも広がります。それでは、始めましょう…

【ブログセミナー】第4回 具体的なコーディネート提案 〜春夏編〜

本ブログセミナーも4回目となりました。 前回までで、アイテムの選び方はご理解いただけたかと存じます。第4回、第5回目では、具体的なコーディネート方法を提案していきます。せっかく素晴らしいアイテムが手元にあっても、服は人が身につけて初めてその価…

【ブログセミナー】第3回 色とサイズとデザイン

前回、前々回と、四季を通しての必須アイテムをご紹介いたしました。しかしながら、アイテムを知っているだけでは、実際に洋服を選ぶのは厳しいでしょう。アイテムそれぞれに、色、サイズ、デザインがあり、その雑多な中から失敗しない商品を見つけ出すのは…

【ブログセミナー】第2回 まずはこれを揃えよう 〜秋冬編〜

『まずはこれを揃えよう』の後編となります。秋冬商品は春夏と比べて単価が上がりますが、こまめに洗濯する必要がないので着回しがきく+春夏編で紹介した内容の中に通年活用できるアイテムが多々あるため、さほど必須となるアイテムがなく、良い意味でちょ…

【ブログセミナー】第1回 まずはこれを揃えよう 〜春夏編〜

本日より6回にわたり、【ブログセミナー】と題して投稿いたします。 ファッションスタイリングの基礎&買うべきイテムについてお届けしてまいります。 (ファッション初心者向けの記事となります。)初回は、『まず初めに揃えるべきアイテム』について、説明い…

クオリティを妥協せずとも2~3万円台で買えるレザーシューズブランド

ファッションという観点から言うと、レザーシューズよりもスニーカーの方が幅があります。 というのも、スニーカーは毎年トレンドが移り変わり、各ブランドが常に新しいアイテムを発売しています。 (もちろん、スニーカーにも定番ものはありますよ。)かたや…

小柄体型必読の記事まとめ

当ブログのメインテーマ、小柄でも成立するメンズファッション。 世に出ている小柄体型ファッション情報は、残念ながら的を得ていないものばかりです。「小柄体型はオーバーサイズが似合いません。ジャストサイズを着ましょう。」↑...身長170cmくらいある…

この秋冬履き潰したいプーマのスニーカー

とてもいいアイテムを手にしてしまいました。 今日は購入品紹介です。このブログでもちょこちょこ触れていますが、ダッドスニーカーが本格的に流行り始めています。しかしこのダッドスニーカー、一歩間違うと本当にダサい足元になってしまいます。 「お父さ…

ボトムスでも秋を先取り

前回は靴で秋を先取りする方法について解説いたしましたが、実はボトムスでも可能です。 今回は、ボトムスで秋を先取りするにはどうするかをご説明いたします。 ファッションにおける「秋らしさ」とは 季節感に大いなる影響を与える”色&素材” 秋らしい色 秋…

足元で秋を先取り

そろそろ夏服にも飽きてきましてね。 しかしながら、まだまだ長袖では快適に過ごせない蒸し暑さです。コーディネートを考えるモチベーションを維持するのも少々厳しい時期です。 こんなブログをやっている僕でも正直言って億劫なときがあります...。(笑季節…

低身長人が目指してはいけないスタイリングシルエットとは

メンズファッションにおいて最も重きを置く人も見受けられるポイント、それがシルエットです。媒体により若干表現は異なりますが、一般的には『Yライン(Vライン)』『Iライン』『Aライン』の3つに分類されます。 (『Xライン』や『Oライン』といった解釈もあり…

サンダルに靴下をレイヤードするのはあり?

9月に入ったわけですが、季節の変わり目というのはスタイリングに関する記事を書きにくいということに気が付きました(笑。各ブランド新作を次々に出す時期ですので、アイテム紹介であればいくらでもできるのですが...。 それをどうスタイリングするかを説明…

2~3万円台で購入できるデイリーに使い回せるバックパックブランド -3選-

近頃流行りはのバッグと言えば、『サコッシュバッグ』や『PVCバッグ』。 出典:http://zozo.jp/shop/urbanresearch/image.html?gid=23324859&did=43475820 サコッシュバッグ 出典:http://zozo.jp/shop/maisonmou/image.html?gid=32248893&did=56257866 PVC…

今から秋が待ち遠しくなるジャケット

9月に入りました。 まもなく平成最後の夏が終わろうとしています。秋はコーディネートに取り入れられるアイテムが増え、ファッションが楽しくなる時期です。 今から待ち遠しい!そんなわけで、店頭でもECでも夏物のセールはほぼほぼ終わり、秋冬物がメインを…

本格的に流行り始めたダッドスニーカーは小柄体型を救う

今年に入り本格的に流行り始めたダッドスニーカー。 特徴は、ぼてっとしたシルエット&厚めのソール、休日のお父さんが履くイメージのダサカッコいいルックスです。これまではボリュームスニーカーというと、ハイテクデザインを前面に押し出したものが主流で…

3万円以下で買えるファッショナブルな腕時計

早速ですが、腕時計は実用性を兼ね備えたアクセサリーです。今はスマートフォンで瞬時に時間の確認ができるため、腕時計を持つ意味合いが少なくなりました。 それでも、メンズファッションにとって腕時計は欠かせないアイテムです。これからの時代は、腕時計…

白スニーカー徹底活用法

去年一昨年あたり日本のファッションの足元を象徴するアイテムにのし上がったアディダスの名作『スタンスミス』。 世界一売れたスニーカーとしてギネスブックにも載っているスタンスミスは、一時期生産を止めていました。 出典:https://www.abc-mart.net/sh…

身長は盛れるのだ -シークレットインソールの時代が間もなく到来か?-

工夫をすれば小柄でもファッションは成立します。 また、その多くは、シルエットやスタイリング技術によって、視覚をごまかすものです。メンズファッションにおいては、多くのスタイルが一定以上の身長があった方が似合うのは紛れもない事実です。 それ故に…

タンスに眠っているビミューな服を活かすには

今このブログをご覧いただいているあなたがこれからファッションへ意識を向けようとしているのであれば、きっとタンスにビミョーな服たちが眠っていることでしょう。 どんな服を買えばいいのか、どうコーディネートを組めばいいのかを悩み、今ネットサーフィ…

『LAD MUSICIAN(ラッド ミュージシャン)』ブランド紹介

小柄でも成立するブランド紹介。 今回は『LAD MUSICIAN(ラッド ミュージシャン)』です。 『LAD MUSICIAN』ブランド紹介 TORI PERIOD的『LAD MUSICIAN』の魅力と課題 『LAD MUSICIAN』アイテムの特徴 Tシャツ パンツ シューズ 『LAD MUSICIAN』ブランド紹介 …

初秋コーデを攻略するアイテム-中級編-

前回は『初秋コーデを攻略する三種の神器』をご紹介いたしました。 今回は、もっと個性の強いアイテムでスタイリングしたいファッション中級者へ向けた内容です。目立ち過ぎず、かつ、個性あふれる絶妙なラインを目指してみましょう。 初秋コーデを攻略する…

初秋コーデを攻略する三種の神器

連日続いた熱帯夜もようやく一段落し、段々と秋の装いへと移行していく時期が迫ってきました。夏はTシャツ一枚のスタイルが成立します。 冬は外ではコートを羽織り、インにはニットを着れば見た目も着心地も◎。では、初秋はどうでしょう? Tシャツでは寒いし…

H&M新作秋物の中から発掘した良品

低価格でトレンドのデザインものを数多く販売しているH&M。コスパは申し分ありませんが、徹底的にコストを抑えているため生地感や縫製にチープな部分が見受けられることが多々あります。また、基本EU規格なので日本人向けではないことも...。 具体的には、…

低身長男子におすすめのスキニーパンツ -5選-

身長160cm前後の男性は体型に合う服が滅多になく、コーディネートに苦労します。レディースを取り入れる方法もありますが、スキニーパンツの場合は男女でシルエットが違いすぎて、なかなかカッコよく決まらない...。そこで今回は、低身長男子へおすすめのス…

Under-160cmが必ず陥るファッションの壁

「小柄体型の人はジャストサイズで着こなすことがポイントです。」 「小柄体型の場合には丈感が短めのトップスを選びましょう。」いまだに雑誌などにはこのような記述が見受けられます。 こういうこと書く人は、絶対に身長170cmくらいあります。そもそも、丈…

スニーカーを主役にしたコーディネート

個性を演出するためには、周りと差をつけなければなりません。しかしながら、個性を求めるあまり奇抜過ぎるファッションになってしまうのは考えものです。 また、一概には言えませんが、風変わりなデザインの洋服の多くは着回しが難しいです。日々のスタイリ…

『SHAREEF(シャリーフ)』ブランド紹介

これまでコーディネート提案の記事を数多く投稿してきたのですが、「結局どこで買えばいいの?」というご意見をいただきました。基本的には、ユニクロやファストファッション、ショッピングセンターのセレクトショップ、そういったところで問題ありません。…

変形シルエットのボトムスを穿きこなすには

早速ですが、僕はファッションの真髄は変形シルエットにあると思っています。アパレル用語で、イレヘム(イレギュラーヘム)、アシンメトリーなどと呼ばれるものも変形シルエットに当てはまります。 出典:https://www.fashion-press.net/collections/gallery/…

小柄体型でもハーフパンツは穿ける!

7月8月はTシャツ+ショーツ(ハーフパンツ/短パン)スタイルの男性が増えますね。半面、ハーフパンツは絶対に履かないという方も一定数います。 (以前は僕もそうでした。)小学生的なイメージもある短パンスタイルは、どうしても幼稚な印象になりやすい。 また、…

モードな装いはお金をかけずにできるものなのか

少しでもファッションに興味を持ち始めると、各々の好きなテイストが出てきます。いきなりですが、僕は、日本人のファッションが画一的な理由の一つに、テイストによってお金のかかり具合が大きく違うことがあげられると思っています。古着ベースのワーク系…